顔があまり良くなくても、女の子にモテるには?

自分の顔が悪いから女の子に声をかけない男性は多いです。

理由は自分に自信がないからです。

私も昔は自分に自信がなく、学生時代はほとんど女性と話したことはありませんでした。

綺麗な人の前では、自分がブサイクだから相手にされないとか、どうせ自分なんてなど、マイナスなことばかり考えてしまいます。

綺麗な人の前だと、緊張してあせって何を言ってるのかわからなくなったりして、心の余裕もありませんでした。

ですが、私は変わりました。

変わったきっかけは仕事でした。

私は約3年間ホストクラブの代表をしていた時期があり、それがきっかけで自分に自信がつきました。

その経験から言えるのは、女性が男性を顔で判断するのは最初だけということです。

私の顔面偏差値は中の下といった所です。

はっきり言ってイケメンではなく、カッコ良くもありません。

ですが、指名本数も売り上げもナンバー1でした。

理由は接客能力が高いレベルにあったからです。

ホストクラブには新規客が来店した際に必ず男本というものを見せます。

男本には、ホスト(プレイヤー)の写真がのってます。

新規客はその中から顔がタイプのホストを選んで最初に席に呼びます。

当然ですが、顔がイケてるイケメンが大体最初に呼ばれます。

私が最初に呼ばれることがほとんどありませんでした。

新規客の席にはその客が帰るまでにできる限りのホストをつけます。

基本的にだいたい一人20分ぐらいで回します。

例えば、そのお客さんが三時間いたら、9人のホストが席についたことになります。

その9人の中から新規客が帰る時の送りを必ず1人に絞らせます。

その1人が唯一、その新規客の連絡先を聞ける権利がもらえます。

他のホストは連絡先を聞いてはいけないルールがあります。

その送りをもらったホストが、唯一、本指名をもらえるチャンスがあるということです。

ホストが給料をもらうためには、新規客から送りをもらい、そこから本指名のお客さんを作り、そのお客さんから売り上げを伸ばす。

これがホストで給料をもらえる王道パターンです。

一連の流れからすると、私は顔がイケてないので、いきなりつまづいています。

ですが、新規客の席に着くと送りがもらえます。

その送りがもらえる理由と顔があまりよくなくても、女の子にもてる人の理由が同じ部分がかなり多いです。

まず、一つあげるなら、会話です。

会話の仕方や答え方で、相手に伝わる印象や気持ちも変わります。

夜の世界でいえば、接客にあたります。

今からピックアップするものは、男性から女性に対してアプローチする時にかなり有効です。

顔があまりよくなくても、女の子にモテる人に多く見られる特徴でもあります。

切り取って説明していきます。

何も知らない相手に同調する

初めて会う女性や何も情報がない人にいきなり答えを拒否されるとムカッとするものです。

例文
私はチョコレート好きです。
えー!私はチョコレート嫌いだなー!

理由は、元々、その人との心の距離が遠いので、余計にムカついてしまうからです。
全く知らない人と仲よくなるならまずは、同調することが先決です。
同調することでまずは距離を縮める努力をしましょう。


りんごが好き

私も好きです!だけだと合わせてる感が出てしまい、あまり良い返事ではありません。
あそこの店のアップルジュースが美味しい!など、ただ好きと同調するよりも何かを付け加えて話題を広げます。

こうすると相手の興味も湧くので話の流れを作りやすいです。

最初の段階でこれをしくじると回復するのに時間がかかります。

モテる男性は、初めて会う女性の初手は決してしくじりません。

それは、自然としくじらないようにしているからです。

褒めることを忘れない

女性はとにかく褒めましょう。
嫌な顔はされません。
褒め方が下手くそだと、相手はあっそ!ぐらいにしか思いません。


君可愛いね、そのアクセサリー可愛いね、手が綺麗だね、髪がサラサラ。

色んな褒め方がありますが、上の例だと誰もが言っている褒め方です。
褒めるならこういう形にしましょう。

そのアクセサリーって○○のブランドだよね?!センスあるよね!いつもどこで買い物してるの?。

こういう形に褒めると、相手は理解してくれていると感じて、さらに褒めて話題も振ってので、会話がさらに盛り上がるようになります。

相手を褒めるなら、単語的ではなく、文章的に褒めることを忘れないようにしましょう。

モテる人ほど、褒めるのはしつこくなくさらっと褒めることが多いです。

相手にやらしさや下心があるから私を褒めてくる!と疑心暗鬼やへんな考えを持たせる時間も与えないので、かなり有効的な褒め方と言えます。

相手の求めている物を感じる

ホストクラブでは、様々な客がいて求めているものが違います。
例えば
色恋を求めてるなら手相占いなどをして手をさりげなく触る。
枕を求めてる客なら店が終わった後の予定を聞いてみる。

答えに対して探りを入れるようにして相手の求めているものを知るようにしましょう。

相手がバッグが欲しいならバッグの話題をふるって欲求を掻き立てるような話を振りましょう。

モテる人は、相手を理解しようと努めます。

決して自分勝手に話をして相手を無視するようなことはありません。

会話の軸になること

会話の軸というのは、話の流れを作る人のことです。
軸になれば、どういう感じでその人との会話を持っていけるかの決定権を得れます。

楽しくワイワイしたいなら面白い話を。
相手が興味が湧きそうな話をするなら質問を重ねてみる。
お酒を飲ませるならゲームをして飲ませる流れを作る。

軸になれば、色んなことができますが、軸になる人の会話のアドリブ力がかけていると自分勝手な流れになってしまい、相手に嫌われるようなことにもなります。

話の振る頻度は、一度相手に質問したら自分の話をするぐらいがちょうどいいです。

積極的に会話のキャッチボールをしましょう。

モテる人は、自然と会話の軸に立ってることが多いです。

無理やり軸に入るのではなく、話の内容を理解した上でしっかり返答するからです。

話を切らない、折らない

会話のキャッチボールがうまくいけば、相手とより親密な関係になりやすいですが、相手が話をしている途中や全然関係のない話で相手の話を折ることはもっともやってはいけないことです。

相手は気分良く話しているのに、話を折られるとかなりムカッとくる人が多いです。

2人で会話している時にいきなり現れて自分のことを話し出す人が特に要注意です。

ホストでは、席に着く瞬間のタイミングが大事です。

その瞬間が悪いとお客さんに印象が悪かったり、影が薄く見えてしまいます。

例えば

ワイワイ盛り上がってる席なら、いきなり現れて盛り上げてしまう。

これは良い例です。

席の雰囲気が良い時に自分も盛り上げて雰囲気をさらによくしているので、お客さんもより満足する形になります。

悪い例として

静かに飲んでる席でいきなり盛り上げるような接客や一気コールを進めるなどです。

まったく席の雰囲気や相手を見ていません。

こうなるとお客さんは当然、不機嫌になります。

席に着く前にどういう人でどんな雰囲気かぐらいは瞬間的に判断して合わせます。

これは、ホストクラブに限ったことではありません。

友達や同僚、会社の上司と話をする時もそうです。

状況と相手をしっかり判断して、考えて会話に入りましょう。

まと外れなことや相手を困らすような状況を作らないようにしましょう。

モテる人は相手を尊重するので、先に2人で話しているなら無理やり会話に入ろうとはせず、待っていることが多く見られます。

相手を尊重しているからこそ、待つことができます。

これができない人はかなり多く見られます。

他がやらないことをする

ホストクラブでは、イケメンが多く面白い人はたくさんいます。
そんな中で新規客に気に入ってもらえるためには他のホストと差別化しないといけない場合があります。
似たり寄ったりなホストが多い店舗より、色んなカラーがあるホストと飲んでる方が客側視点から見ると面白いからです。

例えば、5対5の合コンがあります。

最初の自己紹介が4人とも名前と職業を普通に言ったら最後の自分は違うことを言うと最初の印象がだいぶ変わります。

例えば
イエスキリストです。神様やってます。
トランプです。大統領やってます。

こんな明らかな嘘を言って笑いに変えるだけで、周りの印象は良くなります。

ただ、ハズレる時もあります。

初対面の自己紹介できつい下ネタなどはかなりの確率で外れます。

やるなら浅い笑いが起こる程度のことをしましょう。

周りと違うカラーを出して、自分の印象を濃く見せることで、相手に印象を残しましょう。

笑いが少し取れる人は、モテる人に多く見られます。

そして、笑いを起こす時は誰かを笑うのではなく自分を笑ってもらうような自己犠牲の気持ちで笑いを取ることが大事です。

知らない知識を与える

相手が興味がわく話をすることは会話をする上でかなり重要なことです。

相手より一つ上の知識を話すだけで、相手は食いついてきます。

共通の趣味や仕事など、知ってる知識を前面に出していけば、より深い対話も可能です。

相手がどれだけ怖い上司でも、まったく話さない女性でも、その人にあった話をするだけで会話は自然と成り立ちます。

だだ、知識を自慢するのは違います。

俺はこうなったぜ!私はあなたより上ですよ的なのはよくありません。

女子にはこのタイプが特に嫌われます。

同じジャンルでも聞き方や褒めてから聞くような形で会話を成立させましょう。

相手を思いやることや気持ちよく話させることができる人はモテる人に強く出る傾向です。

見た目や噂で相手を判断しない

怖い上司などに話を振る時は、ある程度の勇気がないと話せないという人はたくさんいます。

ですが、自分なら話してくれるという環境をまずは積極的に作りましょう。

これが意外にできない人が多いです。

最初の印象や噂や見た目で人を判断して、自分勝手に決めることはよくないことであり、その相手との対話もその考えがあるから前に進みません。

一度、悪い考えは捨てて会話に挑みましょう。

例えば、見た目が黒ギャルで、キャピキャピしていても、意外にとても素直で良い子はいます。

見た目にとらわれず、積極的に話をする努力はモテる人につながります。

話を聞く側

会話をする時は聞く側も大事です。
相手の話すことにうなずくだけではダメです。
自分がうんうんだけでは、相手がこいつ話を理解してるのか?ちゃんと聞いているのか?と疑問に思ってしまいます。

必ず話を聞いたら質問をするようにしましょう。

全体の会話を100として、返答は最低でも30は維持できるようにしましょう。

それ以下になると、聞いてない部類に相手は感じてしまいます。

相手の話を理解してる!と、自分からアピールして返答できる人は、男性からも女性からも高評価されやすいです。

ここからは言葉ではなく、最低限の見た目や相手と話す時の姿勢です。

マメな人はもてる

マメな男はモテると聞いたことがある人は多いと思います。

マメな連絡は人とのコミュニケーションの基本です。
それが男と女の間に生まれれば恋愛に発展することが多くあります。

少しの接触を複数回することで、それが当たり前のようになり、連絡がないと不安になり、それが恋におちる原因になります。

例えば

Aさんが一ヶ月毎日ラインを夜の9時にBさんに送ります。
ある時、夜の9時過ぎてもラインが来ないことにきづくBさん。
おかしいなーいつもこの時間にラインがくるのにと思います。
次の日もラインが来ません。
Bさんが不安になりラインを送りました。

不安になることでその人の大事さが理解でき、恋におちることにつながります。

マメな人は自然とこれをやっています。

だからモテるということです。

姿勢の重要性

男性にも女性にもいきなり強気な態度で接すれば嫌われます。

好かれる姿勢は、下から丁寧に積極的に話すこと、相手を理解しようと努める姿勢がもっとも嫌われない姿勢です。

初めて会う人などには、この姿勢でまずは対処することをオススメします。

自分のカラーが消えるから、俺はこんなタイプではない!と水商売やっている時に無駄なプライドを持つホストがたくさんいました。

そんな姿勢では、誰にも相手にされません。

誰かに好きになってもらうには、相手が自分を見ることが先決です。

見ようとしていない相手を好きになることはありません。

姿勢は、相手に自分を見てもらう最低限のことです。

見た目に気を使う

モテる人は見た目に気を使います。

顔がどうのこうのは別です。

最低限のことはモテる人はやってます。

例えば

・髪型
寝癖のままで外にはいきません。
しっかり髪型セットやら何かしらして外に出る努力をつけましょう。
派手さより清潔感を重視しましょう。

・ひげ
ヒゲがボーボーなのはNGです。
もっとも女性に嫌われるのがヒゲです。
伸ばすなら整えましょう。
鼻毛なんてもってのほかです。
毛全般を嫌う女性は多いので、外に出る前に必ずチェックしてから外に出ましょう。

・爪
男性は軽く見ている人が多い手です。
女性はさりげなく細かいところまで見ています。
特に爪はしっかり見ている女性が多いです。
手入れをすれば爪は思っている以上にものすごく綺麗になります。

・眉毛
眉毛は整えるか何もしないでは、自分が思っている以上にかなり印象が変わります。
絶対にやるべき項目の一つです。

ですが、細すぎるのはダメです。

細かい毛を抜いて、眉と目の間を広くさせないように整えるのがオススメです。

・香水
香水は、女性に匂いを覚えてもらうとかなり好印象につながります。

必ずつけるようにしましょう。

ただ、つけすぎると匂いがきつくなりすぎるので、少しでいいです。

香水の匂いともともと自分が持ってる匂いを混ぜる感覚で捉えればいいです。

・服装
服装がわからない人も多いですが、それは努力が足りません。

努力の仕方は色々あります。

服の雑誌を買う、服屋で直接教えもらって買う、モテる人の服装を真似る、など。

やり方はたくさんあります。

まずは行動してみましょう。

清潔感

会話や見た目を努力すれば、誰でもモテることはできます。

ただその中でも、モテるオーラをまとう人がいます。

その共通点で必ずある特徴は清潔感があることです。

清潔感がある男性は女性にとても好印象を持たれて、とてもモテやすいタイプに入ります。

清潔感は、努力次第で誰でもモテる特徴です。

自分はモテない!と考える人はまずはこの清潔感をモテる男になる努力をしましょう。

必ずそこからモテる為の芽が出ます。

諦めず行動してモテる男性になりましょう。

キャバクラのボーイやホストを経験。今は夜職をあがって、普通にサラリーマンです。
経験を活かして、彼女が欲しい人の手助けができればと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

キャバクラのボーイやホストを経験。今は夜職をあがって、普通にサラリーマンです。 経験を活かして、彼女が欲しい人の手助けができればと思います。