Uncategorized

デートやホテル後のアフターフォローはどうする?

投稿日:8月 25, 2017 更新日:

デート編

デートのプランや行った場所によってアフターフォローは変わりますが、それ以前にデートに成功したか失敗したかでも変わってきます。
成功した場合は、デートした内容を振り返ることで印象を残し、また行きたいという希望を出せば、相手から好印象を受けやすくなります。


デートが終わり、家について初めての連絡をする時に内容を振り返るメールをします。

この時、電話よりメールのほうがいいでしょう。

デートで疲れ切って寝てしまったり、電話するよりメールの方が楽だと考える人が多いからです。

特に付き合ってまだ時間がたっていない場合は、あまりしつこい連絡のやり取りをするより軽く長い連絡のやり取りをするように心がけると成功しやすくなります。

失敗した場合は、失敗した所の改善案を出して次のチャンスをくださいという希望を出せば、相手が嫌だと感じていなければ、次もあります。


遊園地にいって、並んでいる時に無言の時間が多く相手を不快にさせてしまった。

無言の時間を作らないように今度は遊び道具やプラン、トークのネタを準備することを相手に伝えるようにしましょう。

女性と2人っきりの状況でどこにいっても無言の時間が流れてしまうと女性は特に不安になってしまいます。

不安になるということは、男性に対して、私のこと嫌いなのかな?嫌な思いさせてないかな?と疑心暗鬼になってしまいます。

そうなると相手のことがどれだけ好きでも自信がなくなります。

なので、その自信を回復させるためにも、こちらからフォローを入れて、相手も同じ気持ちだった、気を使ってくれていると思わせないといけません。

女性はとてもデリケートなので、特にデートで失敗した時はしっかりフォローをいれるようにしたい所です。

アフターフォローというのは、前に起きたことを助けるという意味です。

当然ですが、助けないと意味がありません。

ただ、女性に連絡するのではなく、意味のある連絡をしないとだだのやり取りであり、フォローにはなっていません。

ここを十分に踏まえた上で次はホテル編です。

ホテル編

行為を行った後のフォローの成功と失敗した場合です。
行為自体のことや自分の感想、相手のことを褒めることにより成功率は上がります。
いわゆるピロートークになります。

このピロートークを安易に考えてしまうとその女性との次はないでしょう。

それほど大事な場面になります。

成功例

・気持ちよかった

単純な感想ですが、実際一言目にこれを言えるかどうかがものすごく大事です。
行為が失敗したり、時間が短くて中途半端に終わってしまっても、この言葉を言ってしまえば、解決してしまうこともあります。
必ずこのフォローは言うべきです。

・下手でごめん
素直に謝ることはいいことです。
この一言には、あまり経験がないことや頑張ったけど満足してもらえてないと思っているという感情が隠れています。
この隠れている感情を読み取れる人が多いのが女性です。
素直に言えば、相手は私のために頑張ってくれたと感じて好印象を受けやすくなります。

・行為が速く終わってしまった

よくあることです。
体調やお酒の酔いの回り、あまりにも敏感になっていると、速く終わってしまうことがあります。

こういう時は、「気持ちよすぎて速く終わってしまった!ごめん。」

これを言えるかどうかで次に繋がるかの鍵になります。

相手としては、そんなこと言われたらまた次もチャレンジしたいと考えます。

早ければ二回戦に突入ということもありえます。

それだけこの言葉には重みがあります。

速く終わってもめげずに相手に気を使うことがピロートークにとって最も大事なことです。

・ピロートークで自分の話や過去の話を打ち明ける

自分しか知らない話や知られたくない過去の話などをして相手と心の距離を詰めるのはこういう状況でしかできないことがあります。

ただし、まだ知り合って間もない人にいってもまったく意味がありません。

ある程度付き合って長い時間を過ごしてからではないとこの時間は無意味になります。

短い場合は相手からしたらそんなことはどうでもいい、知らなくてよかったと感じるからです。

長い場合は私だけにそんな話をしてくれたと特別扱いや大事にされていると思うので効果が抜群に出ます。

今度は失敗例です。
行為が下手でピロートークも最悪だと一気にその人に対しての信頼や不信を抱きかねません。

次はないでしょう。

失敗例

・終わってすぐ寝る

疲れているから、昨日寝てなかった、酒に酔っていたからというのは、相手からしたらただの言い訳にしか聞こえません。

行為が終わってすぐ横を見たら寝ていたら相手はどんな感情になるでしょうか?

ただやりたかっただけか、私にあんまり満足しなかったのかな?、行為も下手なのに何も言わないなんてなんて男なの、速く終わったくせに!と、こんな感じに女性は思います。

こんなことを思われていたら次があるわけありません。

朝起きて次もやろうといっても相手はすぐに返事は出さないでしょう。

・相手の体のことを言う

胸小さよね、毛深いよね、色が濃い、など体に対してのことは御法度です。

言った時点で、険悪なムードになりかねないのでやめましょう。

相性が悪かったり、なんか合わないと感じても言ってしまえば修正が効きません。

そういうことは、言わずにできるだけら自分で努力して修正しましょう。

相手に伝えていいことと伝えてはいけないことがあります。

相手を思いやる気持ちがあるなら必ず理解しておきたいことです。

・ダメ出し

もっとこうして欲しかった、声がもっと欲しい、言葉がほしい、激しいのがほしいなど、ピロートークに持ってくるとそれはただのダメ出しであり、絶対にやめましょう。

言うなら行為中にやりましょう。

終わった後に言っても、相手を傷つけるだけです。

私では満足しなかったのか、今更言われても、と考えてしまいます。

牛丼つゆだくを頼んで、全部食べ終わってから、これつゆだくじゃなかった!と言ってるようなものです。

頼んで違うなら食べる前や確認してから言えばいいのに、すべて食べてから言うのは、明らかにおかしいことです。

自分のことしか考えてない人によく見られることなので注意しましょう。

これに関しては、特に年齢を重ねている人に多くいます。

上に立つ人、幹部、社長、金持ち、など、下のランクに今までいたことがない人ほどこの失敗をします。

仕事と行為は完全に別物です。

仕事と混同するとこんなわかりきった失敗もしてしまいます。

気をつけましょう。

まとめ

アフターフォローに関しては、状況や2人の状態で様々なバリエーションがあり、それに応じた対処の仕方があります。

下につくときや上からものをいう時もあり、ものすごく簡単そうで難しいですが、一度経験してしまうと、何も考えなくても自然と言えるものです。

コツは、相手のことを考えること。

これ以外に上達することはありません。

相手のことを親身に考えてアフターフォローをうまくつかっていきましょう。

-Uncategorized

Copyright© 男のための、彼女を作る方法:men's スパイシー , 2018 All Rights Reserved.